石川県小松市で大物・中物の鋳造,鋳物なら株式会社中川鉄工所。

電話:0761-22-3787電話:0761-22-3787

石川県小松市で大物・中物の鋳造製作なら㈱中川鉄工所

共に働く熱い仲間 募集します Recruit

会社概要

社訓は「創造、努力、協調。」失敗を恐れないものづくり。

中川鉄工所ではお客様はもちろん、社会にとって価値のある鋳物製品を作り、提供しています。それは、量産型のモノではなく、多品種・少量。昭和20年創業以来積み重ねてきた経験と技術で、多種多様なニーズに応え、高品質・高精度を追求しています。また、環境保全を重視し、全社員が常にクリーンを心がけ、環境に配慮した事業展開を目指しています。
社名 株式会社 中川鉄工所
代表取締役会長 中川 憲司
代表取締役社長 中川 國雄
所在地 石川県小松市白江町リ-72
業 種 鋳造業
資本 1千万円
敷地面積 15.000㎡
工場面積 5,000㎡
従業員数 30名
主要生産品目 FC及びFCDの各種産業機械等の鋳物素形材
月産能力 300トン
電話番号 0761-22-3787
FAX番号 0761-21-8292
E-mail nakatetu@ray.ocn.ne.jp

沿革

image
明治40年10月1日、中川鉄工所の創業者・中川長健(ちょうけん)が能美市道林町にて誕生。太平洋戦争終結の年(昭和20年)に、長健は当時軍需工場でもあった小松製作所(現:KOMATSU)を退職し、工場兼事務所(現:中川鉄工所)を小松市細工町にて創業。初期はガス溶接加工と酸素アセチレンの販売を主としていました。昭和28年頃に「街中のため工場が手狭になった」と、小松市日の出町に移転し、鋳造工場を新設。当時の日の出町は小松の工業団地を形成、かつ小松製作所の協力企業でもあるため、高度成長の道を共に歩み始めます。昭和40年、さらなる工場拡大のため小松市白江町に移転。現在に至ります。
昭和20年 10月 小松市日の出町に創業
昭和43年 株式会社 中川鉄工所に改組
現在地に新築移転
生型自動ライン設置
昭和55年 自硬性フランプロセス導入
昭和59年 1.5t 高周波誘導炉導入
昭和63年 手込工場移転ライン化
平成元年 仕上工場増設合理化
クレーンブラスト導入
平成2年 2t 高周波誘導炉増設
平成5年 小物ペプセットライン新設
平成8年 大物有機自硬ライン化
平成18年 発光分析機更新
平成19年 溶解.注湯工場増設
砂処理ライン増設
平成20年 大型木型用テント倉庫新設
平成21年 ISO14001 取得
平成22年 社内で『ぼちぼち新聞』を発行
平成29年 10トン連続ミキサー更新
中型木型用テント倉庫新設
平成30年 5トン連続ミキサー更新
造型工場クール・クリーンシステム導入
共に働く熱い仲間を募集します RECRUIT